1 「QOL改善も考慮した医薬品」は患者が求めている医薬品のひとつである。 【A-2 A-2-1-1_01.html】 佐々木 健二
  

2 「代替評価項目に対して有効な医薬品」は患者が求めている医薬品のひとつである。 【A-2 A-2-1-1_02.html】 佐々木 健二
  

3 テーラーメイド医療とは患者個々に治療法を設定する医療である。 【A-2 A-2-1-1_03.html】 北村佳久
  

4 テーラーメイド医療には遺伝子診断に基づく治療の個別化は含まれる。 【A-2 A-2-1-1_04.html】 北村佳久
  

5 医療の担い手とは、医師および看護師だけのことをさす。 【A-2 A-2-1-1_05.html】 亀井千晃
  

6 薬剤師も医師、看護師と同様、医療の担い手である。 【A-2 A-2-1-1_06.html】 亀井千晃
  

7 遺伝子診断などに基づく治療の個別化をテーラーメイド(オーダーメイド)医療という。 【A-2 A-2-1-1_07.html】 北村佳久
  

8 薬剤師が従事する割合が最も高い施設は薬局である。 【A-2 A-2-1-1_08.html】 佐藤聡
  

9 薬剤師が従事する割合が最も高い施設は大学である。 【A-2 A-2-1-1_09.html】 佐藤聡
  

10 医療機器の管理は薬剤師の主な業務である。 【A-2 A-2-1-1_10.html】 金惠淑
  

11 服薬指導は薬剤師の業務である。 【A-2 A-2-1-1_11.html】 金惠淑
  

12 「公正さと公平さ」が薬事衛生行政官には求められる。 【A-2 A-2-1-2_01.html】 佐々木 健二
  

13 「ジェネラリストよりスペシャリストであること」が薬事衛生行政官には求められる。 【A-2 A-2-1-2_02.html】 佐々木 健二
  

14 コンプライアンスとは患者が指示通り正しく薬剤を使用している状況をいう。 【A-2 A-2-1-2_03.html】 北村佳久
  

15 ノンコンプライアンスとは患者が指示通り正しく薬剤を使用している状況をいう。 【A-2 A-2-1-2_04.html】 北村佳久
  

16 薬剤師は医療の担い手であるが、医師、看護師とは職種が別であるので、特に協力することはない。 【A-2 A-2-1-2_05.html】 亀井千晃
  

17 薬剤師は医師、看護師とともに医療の担い手として協力して医療に取り組まなければならない。 【A-2 A-2-1-2_06.html】 亀井千晃
  

18 薬剤師は医師などの医療スタッフへ医薬品情報提供者として活躍が期待されている。 【A-2 A-2-1-2_07.html】 北村佳久
  

19 薬剤師が、自ら医薬品情報を創出する上で無関係なものとして価格の市場調査があげられる。 【A-2 A-2-1-2_08.html】 佐藤聡
  

20 薬剤師が、自ら医薬品情報を創出する上で無関係なものとして『適応外使用法の発見』があげられる。 【A-2 A-2-1-2_09.html】 佐藤聡
  

21 薬局では、患者との会話より、良く効く薬の販売が重要である。 【A-2 A-2-1-2_10.html】 金惠淑
  

22 患者のふとした言葉や行動は、貴重な情報である。 【A-2 A-2-1-2_11.html】 金惠淑
  

23 薬剤師が「いつ何時でも笑顔でいる」ことは患者側から見て好ましいことである。 【A-2 A-2-1-3_01.html】 佐々木 健二
  

24 患者へ服薬指導を行う場合、共感的態度を示すことは重要である。 【A-2 A-2-1-3_02.html】 北村佳久
  

25 患者へ服薬指導を行う場合、積極的な傾聴は必要である。 【A-2 A-2-1-3_03.html】 北村佳久
  

26 薬剤師はたとえ患者と接しなくても、医療の担い手としてふさわしい態度を示さねばならない。 【A-2 A-2-1-3_04.html】 亀井千晃
  

27 患者の話を聞くときはときどき笑顔を添える。 【A-2 A-2-1-3_05.html】 佐藤聡
  

28 患者と会話する時は、挨拶を省略する。 【A-2 A-2-1-3_06.html】 佐藤聡
  

29 医療従事者は、末期状態の患者に自分の病状だけを考えるように促す。 【A-2 A-2-1-3_07.html】 綿矢有佑
  

30 医療の担い手は、患者に対して笑顔で接する方が好ましい。 【A-2 A-2-1-3_08.html】 金惠淑
  

31 医療の担い手は、患者に対して厳しく冷酷に接する方が好ましい。 【A-2 A-2-1-3_09.html】 金惠淑
  

32 1993年9月に起こったいわゆる「ソリブジン事件」直後に当時の厚生省は添付文書の副作用欄の前に相互作用欄 を記載するように通知を出した。 【A-2 A-2-2-1_01.html】 佐々木 健二
  

33 1993年9月に起こったいわゆる「ソリブジン事件」直後に当時の厚生省は添付文書に副作用を記載するように通 知を出した。 【A-2 A-2-2-1_02.html】 佐々木 健二
  

34 ヘルシンキ宣言とはヒトを対象とする医学研究の必要な倫理を定めた基準である。 【A-2 A-2-2-1_03.html】 北村佳久
  

35 ヘルシンキ宣言とは実験動物を使用する上での必要な倫理を定めた基準である。 【A-2 A-2-2-1_04.html】 北村佳久
  

36 ヘルシンキ宣言では被検者(患者)の利益は科学と社会への寄与よりも優先させるべきであるという判断を打ち出している。 【A-2 A-2-2-1_05.html】 亀井千晃
  

37 ヘルシンキ宣言では科学と社会への寄与が最も大切であるという原則を打ち出している。 【A-2 A-2-2-1_06.html】 亀井千晃
  

38 ヘルシンキ宣言には末期がんに対する治療法が概説されている。 【A-2 A-2-2-1_07.html】 北村佳久
  

39 ポツダム宣言はヒトを対象とする医学研究の倫理的原則の基となっている。 【A-2 A-2-2-1_08.html】 佐藤聡
  

40 ヘルシンキ宣言はヒトを対象とする医学研究の倫理原則である。 【A-2 A-2-2-1_09.html】 綿矢有佑
  

41 ヘルシンキ宣言は、動物を対象とする医学研究の倫理的原則の基となっている。 【A-2 A-2-2-1_10.html】 金惠淑
  

42 自己決定権は「医師から十分に知らされた上での同意」という概念を表す。 【A-2 A-2-2-2_01.html】 佐々木 健二
  

43 薬剤師倫理規定は日本薬剤師会により制定されたものである。 【A-2 A-2-2-2_02.html】 勝 孝
  

44 薬剤師倫理規定は日本医師会により制定されたものである。 【A-2 A-2-2-2_03.html】 勝 孝
  

45 インフォームドコンセントのコンセントの意味は同意である。 【A-2 A-2-2-3_01.html】 勝 孝
  

46 インフォームドコンセントのコンセントの意味は説明である。 【A-2 A-2-2-3_02.html】 勝 孝
  

47 インフォームドコンセントの定義として、医療従事者からの十分な説明があれば、患者側の同意は必要ない。 【A-2 A-2-2-3_03.html】 佐藤聡
  

48 インフォームドコンセントは治療だけでなく、検査のための説明と同意も含まれる。 【A-2 A-2-2-3_04.html】 綿矢有佑
  

49 医療法にインフォームドコンセントの努力義務規定はない。 【A-2 A-2-2-3_05.html】 綿矢有佑
  

50 医療を行う際には、患者の「知る権利」を尊重して患者に情報を適切に開示・説明し、その上で患者の同意 を得る必要がある。 【A-2 A-2-2-3_06.html】 金惠淑
  

51 「処方・与薬」に関するヒヤリハット事例件数は「医療用具の使用・管理」に関するものより多い。 【A-2 A-2-2-4_01.html】 佐々木 健二
  

52 「医療用具の使用・管理」に関するヒヤリハット事例件数は「処方・与薬」に関するものより多い。 【A-2 A-2-2-4_02.html】 佐々木 健二
  

53 患者は自分の疾患に関して医師から必要な情報を受ける権利がある。 【A-2 A-2-2-4_03.html】 北村佳久
  

54 患者は疾患に関して十分な説明を受けた後、治療を断る権利がある。 【A-2 A-2-2-4_04.html】 北村佳久
  

55 癌を患っている患者が、手術は避けたいと言っても、医師は手術をすべきである。 【A-2 A-2-2-4_05.html】 亀井千晃
  

56 癌を患っている患者が、手術は避けたいと言えば、医師は別の治療法を考えるべきである。 【A-2 A-2-2-4_06.html】 亀井千晃
  

57 患者自身が治療に関する自己決定としてセカンドオピニオンとして主治医以外の医師に意見を求める方法もあ る。 【A-2 A-2-2-4_07.html】 北村佳久
  

58 医療従事者の説明に不服であれば、患者は同意しなくてもよい。 【A-2 A-2-2-4_08.html】 佐藤聡
  

59 医療従事者の説明に不服であっても、患者は同意しなければならない。 【A-2 A-2-2-4_09.html】 佐藤聡
  

60 患者は医療従事者から適切な説明を受ける権利がある。 【A-2 A-2-2-4_10.html】 綿矢有佑
  

61 医療従事者は患者の自己決定権を尊重する必要はない。 【A-2 A-2-2-4_11.html】 綿矢有佑
  

62 患者は医療従事者から適切な説明を受ける権利はない。 【A-2 A-2-2-4_12.html】 金惠淑
  

63 医療従事者は患者の自己決定権を尊重する必要がある。 【A-2 A-2-2-4_13.html】 金惠淑
  

64 調剤のミスをなくすために薬剤名を何度も確認する必要がある。 【A-2 A-2-2-5_01.html】 亀井千晃
  

65 調剤過誤を回避するために、調剤室の作業環境を整備する必要がある。 【A-2 A-2-2-5_02.html】 北村佳久
  

66 医療事故を回避するために薬歴を活用する必要がある。 【A-2 A-2-2-5_03.html】 北村佳久
  

67 医療事故の考え方に一つの重大な事故の背景には数千から数万のヒヤリハット事例が隠されているというハインリッヒの法則がある。 【A-2 A-2-2-5_04.html】 北村佳久
  

68 医療事故の当事者だけに原因を究明させる。 【A-2 A-2-2-5_05.html】 佐藤聡
  

69 医療事故に直結しそうなミス事例を報告させて全関係職員に周知させる。 【A-2 A-2-2-5_06.html】 佐藤聡
  

70 「人間は誤りを犯す存在である」との前提に立ち、人為的ミスがあっても安全が確保される仕組みが必要で ある。 【A-2 A-2-2-5_07.html】 綿矢有佑
  

71 ヒヤリ・ハット事例は、当事者の責任を明確にする目的で収集・分析する資料となる。 【A-2 A-2-2-5_08.html】 綿矢有佑
  

72 ヒヤリ・ハット事例の収集による事故防止の考えは、ハインリッヒの法則が基本となっている。 【A-2 A-2-2-5_09.html】 金惠淑
  

73 ヒヤリ・ハット事例の収集による事故防止の考えは、ケプラーの法則が基本となっている。 【A-2 A-2-2-5_10.html】 金惠淑
  

74 研究の独創性を高めるためには,研究対象がどのような性質を持っているのかを知る必要がある。 【A-2 A-2-3-1_01.html】 佐々木 健二
  

75 研究の独創性を高めるためには,研究対象がどのような性質を持っているのかを知る必要は無い。 【A-2 A-2-3-1_02.html】 佐々木 健二
  

76 独創的な研究を行うためには、知識や学力は不要である。 【A-2 A-2-3-1_03.html】 黒田照夫
  

77 予想に反した結果が得られたので、何も考えずそのまま研究をやめた。 【A-2 A-2-3-1_04.html】 佐藤聡
  

78 得られた実験結果の再現性をみるために、再度実験を行った。 【A-2 A-2-3-1_05.html】 綿矢有佑
  

79 研究には独創的な考えは必要ない。 【A-2 A-2-3-1_06.html】 金惠淑
  

80 真似することは学ぶことの出発点である。 【A-2 A-2-3-2_01.html】 佐々木 健二
  

81 研究を行なう際に,他の研究者の意見を聞く必要は無い。 【A-2 A-2-3-2_02.html】 佐々木 健二
  

82 自立性とは自分で物事を判断し処理しようとすることである。 【A-2 A-2-3-2_03.html】 黒田照夫
  

83 学術論文検索にはPubMedおよびMEDLINEなどのインターネットによるオンライン検索が有効である。 【A-2 A-2-3-2_04.html】 北村佳久
  

84 実験補助者(テクニシャン)の役割は『実験』することである。 【A-2 A-2-3-2_05.html】 佐藤聡
  

85 実験補助者(テクニシャン)の役割は『研究計画の立案』である。 【A-2 A-2-3-2_06.html】 佐藤聡
  

86 研究者の自立性とは自分で物ごとを判断し処理することであり、自己責任でなされなければならない。 【A-2 A-2-3-2_07.html】 綿矢有佑
  

87 実験は行うが、研究計画の策定に関与しない者を『テクニシャン』という。 【A-2 A-2-3-2_08.html】 金惠淑
  

88 「その論文を掲載した学術誌の総掲載論文の引用頻度」を定量的に扱ったものをインパクトファクターという。 【A-2 A-2-3-3_01.html】 佐々木 健二
  

89 学術誌のレベルの高さとそのインパクトファクターの高さとの間には,まったく相関性はない。 【A-2 A-2-3-3_02.html】 佐々木 健二
  

90 教員のいうことは絶対正しいので、討論するのは無駄である。 【A-2 A-2-3-3_03.html】 亀井千晃
  

91 教員のいうことでも、自分が正しいと思うことについては討論すべきである。 【A-2 A-2-3-3_04.html】 亀井千晃
  

92 研究を行う上で、他人の意見は不要である。 【A-2 A-2-3-3_05.html】 黒田照夫
  

93 学術雑誌の被引用頻度を定量的に扱ったインパクトファクターの値が低いほうがレベルが高い雑誌である。 【A-2 A-2-3-3_06.html】 北村佳久
  

94 セミナー等で論文を紹介するときは、著者の意図や研究の展望は重要ではない。 【A-2 A-2-3-3_07.html】 佐藤聡
  

95 研究が進むと、研究成果を学会で発表する。 【A-2 A-2-3-3_08.html】 綿矢有佑
  

96 学術論文を書くとき、考察は不十分でもよい。 【A-2 A-2-3-3_09.html】 金惠淑
  

97 論文を学術雑誌に投稿すると、審査員によって審査を受ける。 【A-2 A-2-3-3_10.html】 金惠淑
  

98 オーファンドラッグは一般的に採算性は低い。 【A-2 A-2-4-1_01.html】 佐々木 健二
  

99 オーファンドラッグは一般的に採算性は高い。 【A-2 A-2-4-1_02.html】 佐々木 健二
  

100 患者数の極めて少ない疾病に対する医薬品をオーファンドラッグという。 【A-2 A-2-4-1_03.html】 北村佳久
  

101 患者数の極めて少ない疾病に対する医薬品をOTCドラックという。 【A-2 A-2-4-1_04.html】 北村佳久
  

102 新しい医薬品を創製するのに大変な努力が必要なので、既存の医薬品で間に合わせた方がよい。 【A-2 A-2-4-1_05.html】 亀井千晃
  

103 新しい医薬品を創製するには大変な努力が必要であるが、努力をおこたらないようにする。 【A-2 A-2-4-1_06.html】 亀井千晃
  

104 一般的に新薬が研究開始より上市されるまでの期間は3年以内である。 【A-2 A-2-4-1_07.html】 北村佳久
  

105 ジェネリック医薬品は新薬の特許期間満了後に発売される。 【A-2 A-2-4-1_08.html】 佐藤聡
  

106 新医薬品の開発は国民の健康な生活に寄与する。 【A-2 A-2-4-1_09.html】 綿矢有佑
  

107 GLPは「医薬品の製造と品質管理に関する基準」の略号である。 【A-2 A-2-4-1_10.html】 金惠淑
  

108 GMPは、「医薬品の製造と品質管理に関する基準」の略号である。 【A-2 A-2-4-1_11.html】 金惠淑
  

109 医薬品を適正に使用するためには、的確な診断が必要である。 【A-2 A-2-4-2_01.html】 北村佳久
  

110 医薬品を適正に使用するためには、患者にあった最適な剤形を選択する必要がある。 【A-2 A-2-4-2_02.html】 北村佳久
  

111 良く似た名前の医薬品は、薬理作用がほとんど同じであるので、あまり気にしなくても良い。 【A-2 A-2-4-2_03.html】 亀井千晃
  

112 良く似た名前の医薬品でも、薬理作用が全く異なることも多いので、常に注意を怠らない。 【A-2 A-2-4-2_04.html】 亀井千晃
  

113 医薬品の調剤ミスの中に商品名の類似が考えられる。 【A-2 A-2-4-2_05.html】 北村佳久
  

114 内閣総理大臣が医薬品の製造販売を承認する。 【A-2 A-2-4-2_06.html】 佐藤聡
  

115 製薬企業には、医薬品に関する必要な情報を提供する責務がある。 【A-2 A-2-4-2_07.html】 綿矢有佑
  

116 医薬品を適正に使用するためには、保険薬局と保険医療機関の一体的な経営が望ましい。 【A-2 A-2-4-2_08.html】 金惠淑
  

117 医薬品を適正に使用するためには、薬剤の効果や副作用の発現の有無を処方へフィードバックすることが望ましい。 【A-2 A-2-4-2_09.html】 金惠淑
  

118 PBLチュートリアルには,十分な自習時間が必要である。 【A-2 A-2-5-1_01.html】 佐々木 健二
  

119 PBLチュートリアルには,自習時間は必要ではない。 【A-2 A-2-5-1_02.html】 佐々木 健二
  

120 最近の医療ではきめ細かな投与設計が必要となり、がん、精神科などの専門薬剤師制度が始まった。 【A-2 A-2-5-1_03.html】 北村佳久
  

121 医薬品の重複処方を防止するために、「かかりつけ薬局」は推奨されている。 【A-2 A-2-5-1_04.html】 北村佳久
  

122 日常の調剤業務で疑問に思った薬物の使用方法について、いろいろな書物で調べてみる。 【A-2 A-2-5-1_05.html】 亀井千晃
  

123 日常の調剤業務で疑問に思った薬物の使用方法について、これまでにもこのようなことがあったから特に調べない。 【A-2 A-2-5-1_06.html】 亀井千晃
  

124 臨床現場において患者の抱える問題に対する解決法として利用されているPOS(問題指向システム)とは Problem Oriented Systemの略である。 【A-2 A-2-5-1_07.html】 北村佳久
  

125 医療に関わる問題は、教科書の知識を記憶していれば対処できる。 【A-2 A-2-5-1_08.html】 佐藤聡
  

126 問題解決技法にSOAPといわれるものがある。 【A-2 A-2-5-1_09.html】 金惠淑
  

127 生涯学習はプロフェッショナルのあらゆる分野で必要とされる。 【A-2 A-2-5-2_01.html】 佐々木 健二
  

128 生涯学習は経験や能力の足りない人だけがやれば良い。 【A-2 A-2-5-2_02.html】 佐々木 健二
  

129 病気や薬に関する講演会にはできるだけ出席する。 【A-2 A-2-5-2_03.html】 亀井千晃
  

130 病気や薬に関する講演会があっても、日常業務が忙しいので出席しない。 【A-2 A-2-5-2_04.html】 亀井千晃
  

131 生涯学習の評価の基本は自己評価である 【A-2 A-2-5-2_05.html】 勝 孝
  

132 生涯学習の評価の基本は外部評価である。 【A-2 A-2-5-2_06.html】 勝 孝